小澤征爾音楽塾『子供と魔法』

本番ではないんですが、ゲネプロに潜り込ませて頂いたので。
前半がベートーベンの交響曲2番、後半がラヴェルのオペラ『子供と魔法』。

オケがこんなに若いんですね。以前観た小澤塾は二階席だったので、オケをそんなに注視してなかったのでした。えっ学生さん?て思うぐらい若い奏者だらけ。でもめっちゃくちゃ上手い。オリンピック選手団かよ。
ランスルーの前に、ベト2のなかから前日の練習で仕上げきれてなかった部分を暫くあちこち返し。「若い人は往々にして急ぐものだけど、これこれこうしっかり弾いて〜」とか、交響曲を振る指揮者のナタリーが英語でブワーーって説明しながら進めるんだけど、この指揮者の話しぶりが優しいし腰は低いし。ものすっごく良い人だなあ!!! さすが小澤征爾が連れてくる指揮者だわい。
ランスルーのベト2は、冒頭ガチガチに空気が緊張してたのが、最初に練習した小節に差し掛かったところで波に乗った感じ。指揮者は若いオケを基本どんどん走らせながら、手綱をしっかり握って抑えて抑えて、時々離して、またしっかり抑えて、の繰り返しでクライマックスまで持っていく。人を育てるのが上手そうな人だ…。

ラヴェルのオペラは小澤征爾指揮。
ところでオペラは、主役は歌手と物語じゃないですか。オケが一歩後ろに下がる。そうすると物語に身を任せて、すごくのびのびと魔法を紡ぐようになっていって(笑)
これがさっきと同じオケか!!若さと技術が集まると、こうなるんか!?と。本当に面白かった。


『子供と魔法』は一昨年のサイトウキネンに続いて二度目です。
今回の演出が王道な作り方なのかな。衣装や舞台も演技も、玩具箱をひっくり返したみたいに、わざと統一感なくてがちゃがちゃしてる。横糸の素材と太さと色が全部違ってて、縦糸は魔法使い小澤征爾っていう感じを受けました。何しろ椅子カップルは無駄にお色気、暖炉の火はフラメンコ、中国茶碗が関西弁、サッカーチームが12人(笑)そもそも、子供のイマジネーションで出来てる世界だから、正しくなくて良いわけですね。ということは、ラヴェルの元々のイメージは、どちらかというとこっちだったんじゃないかと思いました。

サイトウキネンの時のは、無駄なものは全て削ぎ落とされた空間に美しい美しい夢が溢れているような、すべてが完璧に洗練され尽くしたような、ファンタジアでした。個人的な好みはサイトウキネン版ですが、今回のも好きです。

コメント
コメントする








   

本館

ついった

category

others

mobile

qrcode