哲学的思考、あるいは笑いどころ

サントリー美術館の「若冲と蕪村」展に行ったら、伊藤若冲の知人が別の知人に送った「こないだ貰った素麺な、有難う! めっちゃ美味かったから若冲にもあげといたぞ。あいつ本当素麺が好物だから」というような趣旨の手紙が、美しく立派に表装されて掛け軸になっているばかりか、当時の文化人の交友関係にまつわる貴重な資料としてガラスケースの中に展示されていて、300年も経てば何が貴重かの価値観は想定の斜め上に変わるもんなんだな……と思いました。

コメント
コメントする








   

本館

ついった

category

others

mobile

qrcode